スペシウム光線が使えないウルトラマンって何なん?FC[ウルトラマン倶楽部3]

ul0.png
じぇい崎です。
私が小学生の時にクリアできなかった、というか全く攻略に歯が立たなかったFCのゲームをご紹介します。
それは「ウルトラマン倶楽部3」です。
よろしくお願いします。























●ウルトラマン×ロールプレイングゲームという組み合わせ●



ウルトラマン倶楽部3ということで1と2があるみたいですが、私はよく知りません。
小学生のころ、親に買ってもらったファミコンのゲームなんですが、私は全くと言っていいほど攻略できませんでした。


説明書があったのかは記憶が定かではありませんが、今でも覚えていることがあります。

このゲームのウルトラマンはスペシウム光線が使えないという事実です。



ウルトラマンをご存知でしょうか?

今でも続くウルトラマンシリーズですがこの日本の歴史に初めて登場したのは1966年と言われています。
このゲームの発売は1991年。

奇遇でしょうか、前回の記事「RomancingSaGa」も1991年発売です。

なんでスーパーファミコンではなくファミコンで発売されたのか…

そういった細かい部分はいいんです。

ul1.pngul2.png


このゲームの世界のウルトラマンは少々、テレビとは違う表現をされているようで
ウルトラマンには自宅があり、電話をとるところからゲームが始まりました。

「そんちょう」と呼ばれる方から依頼をされ、さっそくウルトラマンは調査に向かいます。

ul3.png


その村長、バケモノでした。

どうやらこのゲーム内では人間とウルトラマン、そして怪獣と共存がなされている世界のようです。


ul4.png


村のお医者さんも怪獣です。
ヤベーことを言っています。


プレイしていて少しずつ思い出しました。

この世界のウルトラマンはスペシウム光線をボスキャラには使えない、ということです。

ウルトラマンのテレビを見ていた当時の私は、敵の攻撃でピンチになったウルトラマンの胸ランプが赤く
点滅するとき、トドメの一撃必殺、スペシウム光線で敵を倒していた映像をうっすら覚えています。


せっかくなのでザコとの戦いで必殺技を試してみようと思います。










●これが、スペシウム光線●



ul5.png


戦闘画面です。

コマンドがかわいらしく絵で表現されています。

ul6.pngul7.png


しかし、実際に戦闘をしてみるとなかなか激しい一面があります。
ウルトラマンが敵怪獣を殴り飛ばし、
帰ってきたウルトラマン(新ウルトラマン)が敵怪獣に殴り飛ばされます。

ul8.png


ボコボコにされるととうとうランプが赤色に!

ul9.pngul10.pngul11.png


使用できる必殺技が3つありました。
新ウルトラマンの場合)

・スペシウムこうせん
・やつざきこうりん
・りゅうせいキック


果たして効果はいかがなものか?

ul12.pngul13.png


スペシウム光線
画像の右下がダメージ

なんとこれ、敵全体攻撃!

ダメージは500ほど。
通常の攻撃で200~300だったので敵全体でこの数字はやはり必殺技と言ったところでしょうか。

ul15.png


やつざきこうりん

ul16.png


えっ?

9999?


その名前通り本当に敵を八つ裂きにしてしまう必殺技のようです。

ul18.png


りゅうせいキック

ul19.png


えっ?これも?

流星と名がつくだけで光線も光輪も超えてしまうウルトラマンのキック…恐ろしい。


ul20.png


戦闘を終了するとウルトラマン達は飛んでどこかに行きます。


ウルトラマンも赤ランプになってもらい、必殺技を確認します。

ウルトラマン新ウルトラマンと違ってりゅうせいキックがないけれど、スプリングこうせんという必殺技がありました。

ul22.pngul23.png


なんと、このスプリングこうせん!
敵全体に9999ダメージという恐るべき性能。
もはやこの時点でスペシウムこうせんは不要の必殺技となってしまいました。


ただ、問題もあります。

ul24.png


敵怪獣、ウルトラマンの必殺技をひらりとかわす!

そんなことがあっていいのか!?

テレビじゃないから尺のことは考えなくていいということだろうか?
画像では、スプリングこうせんが敵怪獣全員にひらりとかわされています。


実は他の必殺話も平気なツラして何度か避けられています。
どうやら必殺技の命中率は低いようです。
最後の必殺技なのにあまり安定していないのは困った部分です。


そしてこの必殺技コマンドは、対ボス戦では一切使用不能です。
実際に確認したわけじゃないですが、私が少年の時に軽いショックを受けたのは忘れていないので間違いないと思います。












●まとめ●





このロールプレイングゲームではウルトラマン達を操作して、恐らく敵の大ボスみたいなものと戦う、みたいなそんなゲームなんだと思います。

しかしテレビのような気持ちの良い勝利はなさそうです。
今回確認のために何度か戦闘を繰り返しましたが、レベルアップという概念がないのか?
能力値がまるで上がっていませんでした。

少年の頃に買ってもらってハマっていたのだろうこのウルトラマン倶楽部3
もちろんクリアなんてしておりません。

だって、ボス相手にスペシウム光線が使えないのだから。

そして確認した結果、スペシウム光線より他の必殺技の方が強いという。


だけど思うのです。

今の私になら、クリアできるのではないか…と。


ご閲覧ありがとうございました。

この記事へのコメント